このページの本文へ移動

hayase.tv

WiiUで発売された、スーパーマリオ3Dワールドのスピンオフ作品?!の進め!キノピオ隊長が11/13に発売されました。

基本的な要素としてはパズルゲームなのですが、スティックなどで視点を変えてコースの状況を把握する3D空間を利用したものになっていて、任天堂らしさも十分に入ってたっぷり遊べる内容になっています。

さて、ふと3Dを活用したパズルゲーム、、ということで思い出すのはPlayStationの初期にソニーから発売されたI.Q(Intelligent Qube)というゲームを思い出します。

このゲームは、3Dをきちんと活用したパズルゲームとしては最初だった気がします。
何より音楽がとても素敵でとても印象に残るものでした。

と調べていたらシリーズ総合のサントラでてるじゃないですか!!

こりゃよさそうだわ。。

ちなみに作曲家は服部隆之さんで私の好きな作曲家の一人なのですが、この方の曲はその後も名曲ばかりだと思ってます。

例えば有名どころといえば、最近も続編が放送されたキムタク主演のHERO、このテーマソングとBGMもすべて作曲されています。時間が空いての続編でも音楽がまったく追加変更ないというのが良い曲の証拠なのかもしれません。



他では個人的に大好きだった曲でサントラも買った、三上博史主演の「それが答えだ!」のメインテーマがとても素晴らしかったです。涙でる系です。
CDもまだ手に入るみたい。


その他にも半沢直樹やルーズヴェルト・ゲームなど有名どころをあげたらきりがないのですが、個人的に印象に残っているのは上記2つでした。

と、話がだいぶ脱線しましたがキノピオ隊長は非常に頭を使うゲームだし、娘も楽しそうなのでお勧めですw